白髪染めとヘナとを比べてみた、ヘナの特徴とは?

主にインドとかネパールと言った西アジア辺りに自生している植物があります。
それはヘナです。
昔から染毛剤とか、薬剤、防腐剤などで使われることが多かったみたいですね。
(笑顔)ヘナは、最近注目を集めているようですね。
~とは言っても、その歴史は古いようですね。
なんと、古代エジプトの頃からヘアカラー、マニキュア、リップ代わりの化粧品として使われてきたそうです。
(汗) そんな昔からあったと言うことです。
また、殺菌効果があるので「アーユルヴェーダ」でも使われていたと言います。
今は、主に白髪染めのようなカラー剤として使われています。
(笑顔)ヘナ自体は、天然植物です。
ですから、使用後の副作用少ないと言います。
その上で、地肌や髪の毛を傷めると言った心配も少ないと言います。
(笑顔)※但し、これはヘナ100%の白髪染めの場合、最近では化学染料とヘナを混ぜ合わせた物も出ているようですね。
また、アレルギー反応に対しては植物アレルギーを持っている人は出ることもあります。
(笑顔)また、ヘナにはトリートメント効果がというメリットがあります。
ヘナで白髪染めをすると髪の毛、地肌を傷めるのとは逆の効果が期待でいます。
(笑顔)良いでしょう。
また、紫外線防止効果もあると言います。
ですから、パサつきも防止することが出来ると言うことですね。
(笑顔)(汗)そうなると髪の毛が細くなったり、抜け毛になったりしてしまうこともあるので注意しましょう。
ヘナの場合は、逆に髪の毛を健康にしてくれることがあります。
(笑顔)※但し、ヘナ100%の場合に限ります。
注意しましょう。
白髪染めとヘナとを比べてどちらがいい?【効果・綺麗さは?】