コーヒーダイエットってどうするの?

ダイエットにコーヒーを活用するコーヒーダイエットがあります。
コーヒーに含まれる成分には、脂肪の燃焼を助ける作用があるといわれています。
血液中の脂肪がよく燃えるよう、コーヒーを飲んだ後に体を動かすというダイエット方法です。
何ももしなくてもコーヒーだけで体重が減るという安易な方法ではなく、体を動かす前にコーヒーを飲むことでダイエットをスムーズに行うという方法です。
コーヒーダイエットで飲むコーヒーは浅煎りのブラックで、入浴や運動など脂肪の代謝を促す直前に摂取します。
カフェインの作用は2時間から3時間程度なので、飲み過ぎに注意しながら3時間から4時間おきにコーヒーを飲みます。
ただし、コーヒーの飲み過ぎは体に悪影響が出ることがありますので、適量にするようにしましょう。
コーヒーの量は1日に5杯ぐらいを目安にして飲むと、胃が荒れる心配もありません。
代謝促進や、体内に蓄積されている不要な栄養素を効率よく出す作用がコーヒーにはあり、利尿作用の面でも効果が高いとされているようです。
授乳期や妊娠している方は、コーヒーダイエットは控えましょう。