確定拠出年金や保険のこと全然わからない?

あなたは、「確定拠出年金」と言うものをご存知でしょうか? ※これは、個人型年金です。
(笑顔)。
国民年金基金にプラスして受け取れる年金と言うことですね。
<確定拠出年金について> 60歳になると、老齢給付金を受け取りが始ります。
国民年金基金に加入していれば、そちらも、もちろん受給できます。
ですから、ダブルで受け取れるようになりますよ。
(笑顔) <老齢給付金の受け取りについて> これは、原則として、60歳からです。
※年金、または一時金で受取り可能となります。
そして、障害給付金の場合では、年金または、一時金として本人が受け取ります。
死亡一時金の場合では、遺族が一時金として受取るようになります。
<確定拠出年金の掛け金について> 所得控除されます。
<確定拠出年金について> 給付金を年金として受取る場合、「公的年金等控除」が適用されます。
また、一時金で受取る場合は、「退職所得課税」が適用になります。
それまで積み立てた年金資産が、持ち運びできることですね。
例えば個人型年金に入っている人は、企業型年金がある会社に転職しますよね。
その場合、それまでの年金資産を転職先である、企業型年金に移すことができます。
(笑顔) 更に、確定拠出年金については、加入者の自由に年金資産を運用できます。
それがメリットとなっています。
保険の掛け捨ては損なの?メリットデメリット【見直し迷っている方に...】